2016年10月12日水曜日

10月の質問

 今月これまでにメールで頂いた質問への僕の答えを掲載します。


  • カナダのフライトスクールは日本よりやすいとのことですが、具体的に訓練費用にいくらぐらいかかりましたか?ネットで調べたところ日本円で500万程度だと書いてありました。 また、費用のほうはすべて自費で出したのでしょうか。それとも教育ローン的なものを活用したのでしょうか。

カナダのフライトスクールは日本よりはだいぶ安いです。 恐らく1/4から1/5程度でしょう。 僕が訓練を始めるにあたり用意した資金は:

自家用操縦士免許:約100万円
事業用操縦士免許および教育証明資格:約400万円

これらには訓練中の生活費を含みます。 ローン的なものは利用せず、日本でせっせと働きながら貯金をしました。 これで訓練中に資金不足になることはありませんでした。

  • 年齢は今おいくつなのでしょうか。2006年からカナダへ行かれて8年目でエアラインに就職したとのことで気になっています。 カナダへいく際、英語の能力はどの程度だったのでしょうか。 自分も現在英語の勉強はしていますが気になります。

現在30代後半で、アラフォーです。 英語力は問題ありませんでした。 大学は日本で外国語大学を卒業しました。 在学中にアメリカに1年間交換留学もしました。 カナダに来た際には英語に困ることは幸いありませんでした。

  • おすすめのフライトスクール等はありますでしょうか。

僕自身が通ったスクールは2校のみで、スクールの良し悪しまでは正直わかりません。 ただ、僕が訓練を受けたカナダ・ビクトリアにあるVictoria Flying Clubはお勧めできます。 歴史のあるフライングクラブで、政府の認可を受けた教育機関でもあります。 そのため、学生ビザを取得するのもいたってシンプルです。 西海岸特有の落ち着いた雰囲気のスクールで、訓練環境もよく、天候も温暖で快適です。 僕はこちらで事業用操縦士、多発限定、教育資格、計器飛行証明など、ほとんどの資格を取得しました。 個人的にもフライングクラブで働くマネージャーやインストラクターの多くと交流があり、相談を受けた場合にはこちらのスクールをお勧めしています。 他にもカナダ西海岸には多くのフライトスクールがありますので、他のスクールも検討されると良いと思います。

ご質問ありがとうございました。


(つづく)

1 件のコメント:

  1. カナダのパイロット の身体検査は日本と違うところがありますか?
    目があまり良くなくて、視力について詳しく教えていただきたいです。

    返信削除