2016年6月9日木曜日

お金について。

今日はお金について。 これもよく聞かれる質問です。

当然ながら、お金はあればあるに越したことはないです。 僕の場合、日本で社会人として働きながら貯金し、約4年間でお金を貯めてからカナダに来ました。 裕福な方であれば親御さんからサポートしてもらったりすることもできるでしょう。 またはローンを組んで、という方もいらっしゃるかもしれません。 そこは個人によって状況が違いますね。

貯金するのは:

1.訓練費(当然ですね)
2.生活費(カナダに長期滞在して訓練をする場合)
3.その他

となります。

1.訓練費  これは取得するライセンスにもよりますし、訓練をする場所にもよります。 また、訓練の習得度には個人差があります。 飲み込みが早く、英語力にもさほど問題がない方であれば最低必要飛行時間程度でライセンスの取得が可能でしょう。 でも、英語の学校に通ったり、万が一実技試験や筆記試験に不合格となった場合には追加訓練が必要になりますから、多めにお金を用意しておくほうが無難です。

2.生活費  これはカナダに長期滞在してライセンスを取得する場合には必要になりますね。 住む場所にもよりますが、日本での生活費とほぼ同じくらいと考えて良いでしょう。 僕がビクトリアではじめて間借りした家は1ヶ月500カナダドルほどでした。 今はカルガリーの一軒家の地下室スイートを借りていますが、これで900カナダドル(光熱費・インターネット全て込み)。 食費は日本よりも少し高いかも知れません。 税金も日本より高いところが多く、レストランで食事をしたりするとチップを払います(僕はほとんどの場合15%払います)。 日本ほどデフレが進んでいない印象なので、食料品は高く感じます。 ただ、北米は量が多いので、結局はそんなに高くはないのかも?

3.その他ー これには日本ーカナダ間の航空券代金やライセンス発行代金などが含まれます。 また、娯楽費も必要でしょう。 これには個人差がありますが、せっかくカナダに来て住むのであれば、やっぱりレジャーも必要でしょう。 訓練だけの生活というのもストイックでいいでしょうが、たまには羽を伸ばすことも必要でしょうし、同じスクールに通う同志達とバーやパブで語らうのも英語力を伸ばすためには良いでしょう(笑) また、カナダで車を持つ予定であればさらに出費は膨らみます。 スクールによっては車がなくても大丈夫な立地条件の場合もあります。 僕が自家用操縦士免許の訓練を受けたサスカチュワン州のサスカトゥーン市の場合、自転車だけでなんとか生活できました。 ただ、カナダの冬(特に西海岸以外の場所)は氷点下20度以下になることも多々ありますので、バスを使ったほうが良い場合もあります。 バスなどの交通の便がよろしくない場所であれば車が必要になるか、または、空港の直ぐ側で住める場所を探す必要があるでしょう。 そうなると生活の質が下がる可能性は否めません(空港はたいていの場合住宅街や都市の中心部からは離れた場所にあるため、買い物などの便が悪いからです)。

僕の記憶が確かであれば、僕がカナダに来た時(2006年)には約450万円ほど貯金がありました。 途中で運良くビザの許す範囲内での仕事をすることが出来たため、お小遣い程度のお給料をもらうことができました。 その御蔭で生活の質が少し向上しました。

ちなみに、僕が2006年にカナダに来た時には既に自家用操縦士免許(Private Pilot License)を保持していました。 これは2002年に短期間カナダに来て取得していたもので、この時の訓練費用・生活費は約80万円ほどだったと記憶しています。 これは大学卒業後にアルバイトを1年して貯めたお金で賄いました。 2006年10月から2007年下旬までかけて取得したのが事業用操縦士(Commercial Pilot License)、教育証明(Instructor Rating)です。

具体的な訓練費用がどれくらい必要なのかは興味があるフライトスクールのウェブサイトを見るとだいたいの場合は概算が記されています。 

例えば僕が通ったVictoria Flying Clubで事業用操縦士免許を取得するために訓練をする場合:

http://www.flyvfc.com/commercial-pilot-licence

あくまで概算なので、これよりも多くなることもあります。 今は円高なので日本から訓練に来られる方にはいいタイミングですね。 僕が来た頃は確か1ドル120円とかだったように記憶していて、かなり損をしました(苦笑)。

訓練途中で資金がなくなって訓練を中断しなければならなくなるようなことがないようにしっかり余裕をもって貯金されることをお勧めします。

次回は「健康な身体」について。


(つづく)


 

0 件のコメント:

コメントを投稿